介護過程

問題61

介護過程の意義と目的に関する次の記述のうち、適切でないものを1つ選びなさい。

1.根拠に基づいた介護職の実践を可能にする。
2.利用者の望むことをすべて取り入れる。
3.利用者の自己実現を目指す。
4.利用者個々の適した介護を提供する。
5.介護の専門性を高める。

答え:正解 2

1.○ 介護過程とは対象者の介護の問題を解決するための関わりです。介護過程の展開により、根拠に基づいた介護の実践を可能にすることができます。
2.× 介護者は、利用者の望むことを大切にしなければなりませんが、専門的な視点から適切なアドバイスを行うことで、利用者が自立した生活ができるように支えるのが本来の役割です。
3.○ 自己実現とは、個人が自己の内に潜在している可能性を最大限に開発し実現して生きることです。介護者はそれを支援していくものです。
4.○ 介護過程においては、利用者個々に適した介護を提供しなければなりません。
5.○ 介護過程の展開が、介護の専門性を高めることにつながります。

 

問題62

介護過程における情報収集とアセスメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.主観的情報は分析しない。
2.情報解釈は個別性を一般化することである。
3.情報は関連づけず、一つ一つ解釈する。
4.生活課題が複数ある場合は、一つに絞る。
5.生活課題を明らかにすることが支援の根拠となる。

答え:正解 5

1.× 介護過程における情報収集とアセスメントにおいては、客観的情報だけでなく主観的情報も分析する必要があります。
2.× 介護過程における情報の解釈においては、個別性を一般化するのではなく一人ひとりを個別化して行うことが必要です。
3.× 介護過程に限らず、様々な情報を関連づけることで全体像を把握することができます。
4.× 生活課題が複数ある場合には、一つに絞るのではなく、重要度・緊急性の高いものから支援を検討します。
5.○ 利用者の生活課題を明らかにすることが支援の根拠となります。

 

問題63

情報収集とアセスメントをする際に介護職に必要なこととして、適切でないものを1つ選びなさい。

1.倫理観
2.観察力
3.推測力
4.先入観
5.判断力

答え:正解 4

1.○ 介護職が情報収集とアセスメントをする際には、高い倫理観を持って行わなければなりません。
2.○ 介護職が情報収集とアセスメントをする際には、観察力が求められます。
3.○ 介護職が情報収集とアセスメントをする際には、収集した情報から課題を見つけて出していく推測力が求められます。
4.× 情報収集とアセスメントをする際に先入観を持つと、情報収集とアセスメントに影響を与え、適切な支援ができない危険性があります。
5.○ 介護職が情報収集とアセスメントをする際には、利用者にとって最適な支援を選ぶ判断力が求められます。

 

問題64

介護過程における生活課題と目標に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.生活課題は利用者の望む生活を実現するために解決すべきことである。
2.生活課題は生活上の困難を発生させている原因のことである。
3.長期目標は実現が不可能なものであってもよい。
4.短期目標は介護職の行動目標である。
5.目標を達成するまでの期間は設定しない。

答え:正解 1

1.○ 介護過程における生活課題とは、利用者の望む生活を実現するために解決すべきことです。
2.× 介護過程における生活課題とは、生活上の困難を発生させている原因のことではなく、利用者の望む生活を実現するために解決すべきことです。
3.× 介護過程における長期目標は、あくまでも実現可能なものであることが望ましいです。
4.× 介護過程における短期目標は、利用者が長期目標を達成するために設定する段階的な目標であり、介護職の行動目標ではありません。
5.× 介護過程における目標には、達成するまでの期間も設定されなければなりません。

 

問題65

介護計画を立案する際の留意点として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.利用者の同意を得る。
2.計画した内容は変更しない。
3.長期目標を短期目標は連動させる。
4.利用者に及ぼす効果を予測する。
5.計画は具体的な内容にする。

答え:正解 2

1.○ 介護計画を立案したときには、利用者の同意を得なければなりません。
2.× 介護計画は硬直したものではなく、利用者の状況に応じて適宜変更しなければなりません。
3.○ 介護計画の立案では、短期目標の達成が長期目標の達成に結び付くように長期目標と短期目標を連動させます。
4.○ 介護計画の立案では、様々なシミュレーションを立てて利用者に及ぼす効果を予測しておかなければなりません。
5.○ 立案する介護計画は、抽象的なものではなく具体的な内容にする必要があります。

 

問題66

「便秘が解消でき、苦痛なく排便できる」という目標を達成するために把握すべき内容として、優先度の低いものを1つ選びなさい。

1.トイレでの座位保持の状況
2.飲食の内容・量
3.体温の変化
4.便の量・性状
5.日中の活動状況

答え:正解 3

1.○ トイレでの排泄姿勢は、苦痛なく排便するという目標を達成するために把握すべき内容として重要な要素です。
2.○ 飲食の内容・量は、便秘が解消でき、苦痛なく排便するという目標を達成するために把握すべき内容として重要な要素です。
3.× 体温の変化は、排便に直接影響するものではなく、便秘の解消という目標を達成するために把握すべき内容としての優先度は低いといえます。
4.○ 便の量・性状は、便秘が解消でき、苦痛なく排便できるという目標を達成するために把握すべき内容として、優先度が低いといえます。
5.○ 日中の活動状況は、便秘が解消でき、苦痛なく排便するという目標を達成するために把握すべき内容として、重要な要素です。

 

問題67

介護老人福祉施設に入所しているAさん(75歳、男性)は認知症(dementia)と診断されている。頻尿であり夜間に2~3度目を覚まし、施設の廊下をうろうろしている。朝、部屋へ行くと悪臭があり、ごみ箱の中に排尿していることが続いている。
トイレでの排泄を目標としたアセスメントの視点として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.尿意
2.水分摂取量
3.トイレの場所の認知状況
4.夜間の睡眠状態
5.口腔の清潔状態

答え:正解 5

1.○ 尿意の有無は、トイレでの排泄も目標としたアセスメントの視点として適切といえます。
2.○ 水分摂取量は、トイレでの排泄も目標としたアセスメントの視点として適切といえます。
3.○ トイレの場所の認知状況は、トイレでの排泄も目標としたアセスメントの視点として適切といえます。
4.○ 夜間の睡眠状態は、トイレでの排泄も目標としたアセスメントの視点として適切といえます。
5.× 口腔の清潔状態は、トイレでの排泄も目標としたアセスメントの視点としては適切でないといえます。

 

問題68

介護過程とチームアプローチに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.多職種と目的を共有することはない。
2.チーム内ではどの専門職も同じ視点で利用者を理解する。
3.他職種と情報を交換し利用者の生活課題を明確化する。
4.ボランティアはチームの一員にしない。
5.チームメンバーは固定している。

答え:正解 3

1.× チームアプローチでは、医療関係者以外にも様々な職種と目的を共有してケアに当たらなければなりません。
2.× チーム内では、それぞれの職種がそれぞれの専門職の立場から利用者を理解しなければなりません。
3.○ チーム内では、それぞれの職種がそれぞれの専門職の立場から他職種と情報交換し利用者の生活課題を明確化しなければなりません。
4.× ボランティアもチームの一員です。チームには、医療関連の資格を持った専門職だけではなく、家族やボランティアも含まれます。
5.× チーム内のメンバーは、利用者の状況の変化など、必要に応じて変更が行われます。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ