介護の基本

問題17

「国民生活基礎調査(平成19年)」、「介護サービス施設・事業所調査(平成21年)」に基づく日本の介護の現状として、正しいものを1つ選びなさい。

1.要介護者等の性別では男性が多い。
2.同居している主な介護者としては「子の配偶者」の構成割合が最も高い。
3.介護保護施設の在所者数は介護療養型医療施設が最も多い。
4.要介護1から5まで要介護度が高まるほど同居している主な介護者の介護職時問は亜増大する。
5.居宅サービスでは訪問入浴介護の利用者数が多い。

答え:正解 4

1.× 平成19年調査では平成22年国民生活基礎調査でも、要介護数は、女性67.2%、男性32.8%と女性の方が多いです。
2.× 同居している主な介護者は、平成19年調査で25.0%、平成22年調査で25.7%と、配偶者が最も多くなっています。
3.× 平成23年5月時点での介護保険施設の所在者は、介護老人福祉施設(6,241ヶ所)が最も多く、次いで、介護老人保健施設(3,709ヶ所)、介護療養型医療施設(1,833ヶ所)となっています。
4.○ 要介護度が高まるほど、介護に要する手間は増えて介護時間も増える傾向にある。
5.× 居宅サービスで利用するサービスでは、食事や更衣介助などが最も多いです。
※介護療養型医療施設とは、療養病床等を有する病院または診療所のことであり、介護療養型施設サービスが提供されているが、2011年度末の廃止が決定していました。しかし、廃止は2018年3月まで延長されている。

 

問題18

社会福祉士及び介護福祉法に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.平成19年の法改正で、介護福祉士の業務について、従来の「心身の状況に応じた介護」から「入浴、排せつ、食事その他の介護」に改められた。
2.介護福祉士となる資格を有する者が介護福祉士となるためには、都道府県知事に申請し登録を受けなければならない。
3.介護福祉士は介護に関する指導は行わない。
4.介護福祉士は、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障があるものを対象とする。
5.刑事罰を処せられた場合、いかなる場合も介護福祉士になることはできない。

答え:正解 4

1.× 「身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に関する指導を行うことを業とする者」とされています。→社会福祉士及び介護福祉士法第2条
2.× 「介護福祉士となる資格を有する者が介護福祉士になるためには、介護福祉士登録簿に、氏名、生年月日その他厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければならない。」とされています。→法第42条
3.× 上記1を参照。
4.○ 上記1を参照。
5.× 介護福祉士となることができないのは、「禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は失効を受けることがなくなった日から起算して二年を経過しない者」とされています。→法42条(欠格事由)

 

問題19

関節リウマチ(rheumatoid arthritis)があるEさん(88歳、男性、要介護3)は、家族度同居して、訪問介護を利用している。訪問介護員に「家族に介護の負担をかけるのではないか」と、今度の生活に不安を持っていることを話した。訪問介護事業所で今後の支援について話し合うことになった。
Eさんへの支援のあり方として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.家族に訪問介護のサービス内容を選択させる。
2.Eさんには訪問介護サービスに関する情報提供を控える。
3.Eさんから今度の介護サービスについての要望を聴く。
4.Eさんの介護は、サービス提供責任者の判断を優先する。
5.Eさんが苦情を述べていないので問題ないと考える。

答え:正解 3

1.× サービス内容の選択には家族の意向も考慮するが、あくまでもサービス内容を選択するのは利用者本人です。
2.× 利用者に対する情報提供は、わかりやすく詳細に行わなければなりません。
3.○ 利用者本人から今度の介護サービスについて要望を聴くことは必要です。
4.× サービス提供責任者の意見は聞かなければならないが、介護内容を決定するのは利用者本人です。
5.× Eさんは家族への気遣いを示しており、直接の苦情がなくても今度の支援について検討する配慮が必要といえます。

 

問題20

Fさんは右片麻痺があり、家族の介助により食事をしている。介護職は、自助具を用いて自分で食事をすることをFさんに提案した。しかし、どうしても家族の介助を受けたいという。
現在のFさんへの食事の支援で最初に行うこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.自分で食事をすることの効果について説明する。
2.食事用の自助具を紹介する。
3.自分で食べる訓練の必要性を家族に話す。
4.なぜ家族から介助してほしいのか理由を聴く。
5.食事の支援計画を説明する。

答え:正解 4

1、2、3、5 × Fさんの真意が確認できないままでは、支援の効果が十分には得られません。
4.○ Fさんがなぜ家族の介助を受けたいのか、その理由を聞いてから、対応を検討するのが適切といえます。

 

問題21

ユニット型特別養護老人ホームに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.共同生活室は施設に一つあればよい。
2.ユニットとは洗面施設と居室の組み合わせのことである。
3.入居者相互の社会的関係を築くように支援する。
4.居室で食事をするように支援する。
5.ユニットごとに二人以上の夜勤の介護職員を配置しなければならない。

答え:正解 3

1.× 共同生活室とはリビングのことです。
2.× ユニットとは、少人数で小規模単位の意味です。
3.○ ユニット型特別療養老人ホームは、小規模で少人数であることから、
入居者同士が関係を築きやすいです。これはこの施設の特徴であり目的です。
4.× 寝食分離は介護の基本であり、食事は入居者同士が関係を築きやすい機会で
す。
5.× 夜勤職員はユニットごとに配置することとされています。

 

問題22

ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1.障害というマイナス部分へのアプローチである。
2.生活機能は、健康状態と背景因子との間の相互作用とみなされる。
3.活動とは、生活・人生場面へのかかわりのことである。
4.背景因子に環境因子は含まれていない。
5.心身機能とは、能力低下と社会的不利のことである。

答え:正解 2

1.× ICIDHでは障害をマイナス面からとらえていましたが、ICFではプラス面に着目しました。
2.○ 背景因子と健康状態が相互作用して、活動や参加、心身機能等の「生活機能」に影響します。
3.× 生活・人間場面へのかかわりとは、参加のことです。
4.× 背景因子とは、環境因子と個人因子です。
5.× 心身機能を能力低下、社会的不利に結びつけるのは、ICIDHのとらえ方です。

 

問題23

リハビリテーションに関する説明として、誤っているものを1つ選びなさい。

1.生きる意欲の回復が含まれる。
2.身体的・精神的機能の回復だけでなく、社会的・職業的機能の回復も含まれる。
3.介護保険施設では、主に教育的リハビリテーションが行われる。
4.自立した日常生活に近づけるようにする。
5.レクリエーション的要素を組み合わせることがある。

答え:正解 3

1、2、4、5 ○ リハビリテーションとは、機能の回復という意味だけでなく全人間的復権を目指すことも含まれています。
3.× 教育的リハビリテーションとは、障害児等の教育が必要な年代に対して行われるものです。

 

問題24

訪問介護サービスを利用している認知症(dementia)のGさん(女性)は自宅付近を徘徊するようになり、町内の人たちやスーパーマーケットの従業員から苦情が出ている。この機会に、Gさんを含めた地域の認知症の人たちや家族の支援のために地域のネットワークをつくることとなり、地域の社会福祉協議会が主催し、関係者の会議を開催することになった。
会議における訪問介護事業者のサービス提供責任者の対応として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.地域の認知症の人たちの事例を関係者で報告し、問題を共有することを提案する。
2.社会福祉協議会にボランティアの養成を提案する。
3.町内会に認知症の理解を広げる方策を提案する。
4.スーパーマーケットを除いた地域のネットワークづくりを提案する。
5.地域包括支援センターに地域のネットワークづくりへの協力を提案する。

答え:正解 4

1.○ 認知症を地域の課題として取り上げることは適切です。
2.○ 社会福祉協議会はボランティアとのつながりは深く、適切といえます。
3.○ 地域住民に認知症に着目してもらえるには町内会はふさわしいといえます。
4.× スーパーマーケットの従業員から苦情が出ているからこそ、スーパーマーケットも含めた会議を行うことで理解を深めます。また、スーパーマーケットは、地域の多くの住民が訪れる場所であり、ネットワークづくりの要となる可能性があります。
5.○ 地域包括支援センターは、高齢者への総合的な生活支援の窓口です。

 

問題25

介護保険制度の居宅サービスにおけるケアマネジメントに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.利用者や家族は、居宅サービス計画の立案・作成にかかわることができない。
2.アセスメントは利用者及び家族に面接して行う。
3.家族は、サービス担当者会議のメンバーに含まない。
4.介護支援専門員は、居宅サービス計画を民生員に知らせる義務がある。
5.少なくとも2ヶ月に1回は、モニタリングの結果を記録する。

答え:正解 2

1.× 利用者や家族が立案・作成に関わらないまま居宅サービス計画は決定できません。
2.○ アセスメントとは、利用者宅を訪問して利用者と家族から話を聞き、問題点を明確にすることです。
3.× サービス担当者会議とは、ケアプランを作成するための話し合いの場であって、家族も参加します。
4.× 介護支援専門員には、ケアプランを民生委員に知らせる義務はありません。
5.× モニタリングとは、要介護等に対して必要な介護支援サービスが提供されているかどうかの確認のために、2ヶ月に1回ではなく1ヶ月に1回行われるものです。

 

問題26

介護サービス提供の場に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.認知症対応型共同生活介護は地域密着型サービスの一つである。
2.介護老人福祉施設の施設長は医師でなければならない。
3.経費老人ホームは要介護度が重い人の入居を目的としている。
4.介護療養型医療施設は要介護者の生活管理を主目的としている。
5.小規模多機能型居宅介護は医療管理が必要な介護者のサービスである。

答え:正解 1

1.○ 認知症対応型共同生活介護は、地域密着型サービスの一つです。
2.× 介護老人福祉施設の施設長が医師でなければならないとは規定されていません。
3.× 軽費老人ホームの対象には、介護の必要がない利用者も含まれます。
4.× 介護療養型医療施設は医療を必要とする要介護者の生活管理では医療を主目的としています。
5.× 小規模多機能型居宅介護は、利用者の選択に応じて、施設への通いを中心として、短期間の宿泊や利用者の自宅への訪問を組合せたものであり、医療管理が必要な要介護者を対象としたものではありません。

※介護療養型医療施設とは、療養病床等を有する病院または診療所のことであり、介護療養施設サービスが提供されていますが、2011年度末の廃止が決定していました。しかし、猶予措置により廃止は2018年3月まで延長されています。

 

問題27

服薬に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1.不眠を訴えたので他の利用者に処方された睡眠薬の内服を勧める。
2.朝、薬を飲み忘れたので昼に2回分の内服を勧める。
3.カプセル剤が飲みにくい場合は、中身を出して内服するよう勧める。
4.湿布薬は皮膚に発赤があっても、同一部位に貼るよう勧める。
5.容器の先がまつ毛に触れずに点眼するよう勧める。

答え:正解 5

1.× 医師の指示がないまま薬を流用してはいけません。
2.× 薬の服用は定められた通りにしなければなりません。飲み忘れた際には、医師の指示を受けるなど、勝手な判断をしてはいけません。
3.× カプセル剤は、胃の中でカプセルが溶けて吸収されやすいように作られています。カプセル剤が飲みにくいなどの場合には医師に相談します。
4.× 湿布薬を同一部位に貼ると、かぶれる場合がありますので貼ってはいけません。
5.○ 容器の先がまつ毛に触れると、雑菌が点眼薬に入る危険性があるので、まつ
毛に触れないように注意します。

 

問題28

高齢者虐待に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.「高齢者虐待調査」によれば、虐待をした者は配偶者が最も多い。
2.「高齢者虐待調査」によれば、虐待を受けた者は前期高齢者が多い。
3.虐待には心理的虐待も含まれる。
4.「高齢者虐待防止法」では、高齢者を60歳以上としている。
5.「高齢者虐待防止法」の養護者は、要介護施設従事者である。

(注)1「高齢者虐待調査」とは、「平成21年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関法律に基づく対応状況等に関する調査結果」(厚生労働省)のことである。
(注)2「高齢者虐待防止法」とは、「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

答え:正解 3

1.×
2.×
3.○
4.×
5.×

 

問題29

介護サービスにおける個人情報の保護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.個人情報には映像や顔写真は含まれない。
2.介護福祉士が個人情報を守秘しなければならない期間は、業務に従事する期間に限られる。
3.同一事業所内では匿名化せずにカンファレンスができる。
4.本人から個人情報の提示を求められた場合、いかなる場合も開示しなければならない。
5.保険会社からの健康状態の問い合わせには、本人の同意を得ずに伝えることができる。

答え:正解 3

1.×
2.×
3.○
4.×
5.×

 

問題30

介護施設の利用者が転倒し、腹部と下肢を強く打った。医療職が対応するまでの介護職のかかわりとして、適切なものを1つ選びなさい。

1.利用者の足の腫脹が見られたので湿布をした。
2.利用者のそばで、転倒の状況や身体状況の把握に努めた。
3.利用者が水分を要求したので水を飲ませた。
4.嘔吐しそうになったので体位を仰臥位にした。
5.利用者が大丈夫と言ったので様子を見た。

答え:正解 2

1.×
2.○
3.×
4.×
5.×

 

問題31

介護施設における介護職員の基本的な感染予防として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.介護行為ごとに手洗いを行う。
2.手洗いは石鹸と流水で行う。
3.利用者の毎日の健康観察を行う。
4.発熱がある介護職員はマスクをして業務を行う。
5.トイレなどのドアノブは消毒液を含ませた布で消毒を行う。

答え:正解 4

1.×
2.×
3.×
4.○
5.×

 

問題32

介護従事者の健康管理に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.労働基準法は、労働者の労働条件の望ましい基準を定めている。
2.労働安全衛生法は、20人以上の職場に衛生委員会の設置を義務づけている。
3.労働者が業務上負傷した場合、使用者は必要な療養の費用を負担しなければならない。
4.労働安全衛生法は、介護従事者の1日の法定労働時間を規定している。
5.メンタルヘルスは個人的な問題のため、職場での心の健康づくり体制を整備する必要はない。

答え:正解 3

1.× 児童
2.×
3.○
4.×
5.×

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ